いろいろ調べてみたところ、注文住宅の場合には、外壁からエントランスから内壁から間取りから何もかも自分たちで決められるんですよね。

今まで僕はあまりこだわりもなくマンションに生活してきましたが、あらためて調べてみると、例えば内壁ひとつとっても材質もさまざま、その効果もさまざまなんですね。
内壁だけに限らず、家のパーツすべてがそうなんです。

わかりやすく内壁で説明してみましょう。
僕らがいいなと思っているのは「塗壁」というやつなんです。これは日本の伝統的な施工方法で壁の塗装をするんですが、使っている塗料が自然由来のものなんです。
例えば漆喰とか土とか。自然由来の素材であれば、健康にもいいし、環境にも優しいんです。

壁そのものが呼吸をしているというようなイメージでしょうかね。
近年問題になっているハウスシック症候群の原因となる有害物質を吸着する効果があったり、湿度が高い時には湿度を吸収し、乾燥している時には湿度を放出するというすばらしいものなんですよ。

それに見た目の風合いも優しくていいかんじです。
職人さんが手で塗装していくので、独特の質感ですごくオシャレです。

こういう風に、注文住宅にすると、ひとつひとつにこだわっていくことができるんですよね。